【飯テロ】ビールに合う!手羽先の塩唐揚げの作り方(夏のおつまみレシピ)

手羽先の塩唐揚げの作り方をご紹介します。

塩ベースで下味を付けた手羽先に塩だれをたっぷりかけることで、夏に合う食べやすいガッツリとした味に仕上げました。

香り・ガッツリ感・塩気が、夏の夕飯・おつまみ・そして何よりビールに大変合うおつまみレシピですので、ぜひ試してみて下さい。

手羽先の塩唐揚げ

1 材料(2~3人分)

◆手羽先
手羽先 6本
☆塩 小さじ1/2
☆酒 小さじ2
☆みりん 小さじ2
片栗粉 適量
サラダ油 適量

◆塩だれ
ねぎ 1/4本
◇ごま油 大さじ2
◇レモン汁 小さじ2

◇鶏ガラスープの素 小さじ1/2
◇塩 小さじ1/3~1/2
◇こしょう 適量
◇おろしにんにく 適量

※ 塩だれに入れる「塩」は、「しょっぱい!」と少し感じるくらい(小さじ1/2程)入れるとおつまみに合う印象でした。

2 作り方

① 手羽先の両面に、フォークでいくつか穴を空ける。その後ボウルに手羽先と☆を加えよく混ぜ、15分ほど漬ける。

② 塩だれを作る。ねぎを小口切りにしたあと、◇を加えてよく混ぜる。

③ ①の手羽先に片栗粉を両面に付け、175~180℃の油で5~6分揚げる。②の塩だれをかけて頂く。

3 YouTubeの料理動画でご紹介

4 おまけ

今回のレシピは、「ビールに合う!!」をテーマにしたレシピです。

そのため、夏の時期に嬉しいさっぱりめの塩だれにしつつ、

塩気をちょっと強めにして

「くぅ~!しょっぱい!」

「これは、、、ビール案件!!」

「んぁぁぁ~!!!」(ビールを飲んだ後)

と、少し強めの塩気をビールで流し込む、ごはんが進むレシピならぬ「ビールが進む」レシピです笑

特に最近は暑さが異常な気がするため、少し塩気の強いこのレシピは、夕飯としても大変相性が良いと思います。

夏バテ時期に嬉しい香味系(ネギ・ゴマ・レモン・にんにく)たっぷりの味にもなっていますので、ぜひお試しあれ!

手羽先の塩唐揚げ まとめ

今回は、手羽先の塩唐揚げの作り方をご紹介しました。

夏にぴったりのおつまみで、作り方自体も「漬ける⇒タレ作る⇒揚げる(フライパンOK)」の3ステップのため、とても簡単なレシピです。

ご夕飯、そして、ビールのお供に!ぜひ試してみて下さい。

 

★料理名・材料などで検索♪★
・料理 → 唐揚げ、ポテトサラダ、チーズケーキなど
・食材 → 鶏胸肉、なす、キャベツなど
・その他→ スーパーのセール品や冷蔵庫の残り食材など(笑)

料理名・材料などで検索♪


関連記事